転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

転職回数が多い、を武器にしてしまう逆転思考とは?

002141_li.jpg

転職回数が多い人が異業種、特に未経験の業種、職種を目指すときに必ず気にするのが、

「私、今回受ける業種の経験が少ないだけでなく、結構転職回数多いのですが、大丈夫でしょうか」

うーん。

この質問はいけません。

なぜいけないかを説明する前に、実態についてお話しします。

転職回数が多い人でも受け入れることを表明している企業でもやはり回数を無視
しているわけではありません。

よく「~業界は回数なんて関係ないよ」というアドバイスをする人がいますが、
これはとんでもない勘違いです。


バブルといわれた時期ならともかく、転職回数は離脱リスクを含むかどうかとい
う点で必ず見ます。

転職回数が三回を超えた場合、どうみられるかですが、
この人は今の会社を離脱してもいいくらい成長し、レベルがあがったと自分で考えたか、
転職回数が多いことで能力や付加価値が高くなっているか、
元々転職前提で入社したか

とプラスでみるとこんな風にみえることがあります。

一方で、客観的にみて上記のいずれでもない場合で、飽きっぽいのかな、とか
辞めざるを得ないのかな、思われた際にはなかなか決まらない。


冒頭の質問がなぜだめかというと、これからうけようとする会社をなぜ受けるのか。
異業種だけれとも、自分のこれまでの経験を使えるから?
様々な経験をしてきたので、どんな仕事でも対応できるようになっているから新たな挑戦したいのか
将来的なステップアップに向けて、ちゃんとキャリアを踏んでいるからか

もちろんそのためには求人票をよむだけではなく、何をやっている会社で、どう貢献できそうか
などをWEBサイトや会社案内などをよく読んで、自分なりに研究することは必要になります。
そうでなければ、前述のようななぜ受けるかということに答えを出すことはなかなか難しいと思います。

このように考えると、多くの会社でたくさんの経験をしている分、いろいろな角度からの視点を持っている
ことが話に説得力を持たせます。

大丈夫でしょうか?ではなく、これならいけそう!な状態にするのです。

なんだか難しそう?

で、あれば転職を重ねて経験したことが、自分の血や肉となり、力になっていることをちゃん言えるように
してみるところから挑戦してみてはいかがでしょうか。


この時代、転職が何回であっても関係ない、そんなスタンスで
転職回数を逆に武器としていけるように攻めの気持ちを持ってがんばっていきましょう!

転職回数について、相談に答えた時の記事があります。
ご参考まで
転職回数が多いと信用されないのでしょうか?
http://career30.blog109.fc2.com/blog-entry-69.html

テーマ:転職  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/05/11(火) 07:07:04|
  2. 転職活動
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。