転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パワハラ?セクハラ?女性事務職の退職トラブルレポート

8_li.jpg

以前営業事務職から総務系の仕事へ転職した女性をサポートした時にこんなこと
がありました。

めでたく内定し、上司にひと月後の退職の意志を伝えると、

「なに?それはだめだ。お前は俺の構想に入っている」
「構想?」
「これからいろいろやっていこうと思っていたんだ。期待もしてるし」

「いえ。でも次の転職先決まってますし」

「親にはちゃんと相談したのか?俺がちゃんとここにいるようにと話してやるよ」

「いえ。結構です。困ります、そんなこと。」

「じゃあ二三年後になるかもしれんが、俺が転勤するまではいてくれ」
「それは無理です。」

~しばらく沈黙したあと
「・・じゃあ最後までちゃんとやれよ。急な話しなんだから有休なんてとらない
よな?」
「今度二人で飲みにいくぞ。必ずつきあえ」

なんだか適法かどうかを考えると、もう呆れるしかありませんでした。
極端な例をケースでつくったみたいですが本当の話しです。

普通に考えると、違法のニオイがいろんなところからします。
しかし、退職についてのトラブルはこういったものが本当に多いのが実状です。


退職願の日付は書き直さないといけないのでしょうか」

もはや混乱のあまり、本質ではない部分が気になり、頭を抱えて相談されました。

そこで大きくは次のような三つのポイントをアドバイスしました。


退職願は今と同じものを受け取るまで毎日出すこと
どんな嫌がらせがあるかもしれないので、飲み会、食事の類は誘われても一切断ること
やりとりは時刻、内容まで記録しておくこと

受け取らない書類を受け取ってもらう方法はいくつかあるのですが、事をできるだけ荒立てたくないということでしたので、いざという時のために備えだけをすることにしました。

一応内容証明による退職願の送付準備はしてもらいました。
受け取り拒否の時に使う手段のひとつです。
しかし、この方法は幸いにも使うことはなく、それから一週間上記のような提出を続け、ようやく上司は書類を受け取りました。

なんとか進捗までは漕ぎ着けたものの、「退職しても仕事のことで質問がある場
合はみんなに電話させるから昼間出られるようにしておけ」とかとにかく常識を
逸脱する上司の発言の数々でした。

トラブルはつきものですが、心情的に事を荒立てたくない場合が圧倒的に多いとは思います。

法的には・・だからはっきりと言った方がいい、というのはわかっていてもなかなかできません。

今回のアドバイスは決して適切な措置というわけではありませんが、ブログには書ききれない人間関係など、彼女を取り巻く社内の状況を考えると、なかなかよく言われる法的手段や、強硬手段をとることは難しいと考えました。
今回状況に応じて最低限トラブルを回避する対応はして置く必要があると感じましたが、パワハラセクハラを含むようなトラブルは慎重に対応する必要があると改めて感じました。

テーマ:転職  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/05/09(日) 23:06:09|
  2. 転職支援レポート
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。