転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

志望理由を教えてください、でおさえるべきポイントとは

808_li.jpg

”まずは志望理由を教えてください。”


必ず聞かれる質問です。

面接担当の立場からすれば最もふるいにかけやすい質問であり、面接は人柄重視
だから素のままでいけばいいと思うよ、なんて友達の言葉を鵜呑みにすると痛い
目に遭うのがこの場面です。


例えば営業マンが商談にいく場面を思い浮かべてみてください。
何のトークもいらずモノが売れるのは、見ただけで良いものとわかる美術品か(
みてわかる審美眼を相手がもっていることを前提として)、聞いただけでおおよ
そのクオリティがイメージできるブランドイメージの高いモノやサービスくらい
です。


では人柄という切り口でみると、当然見ただけでは判断しかねますし、ブランド
イメージがそもそも高ければ転職活動は必要ありません。

ましてやとりあえずよければ採用しておこう、というスタンスは兵隊として営業
マンを大量にかかえようという会社以外ではもはや存在しない時代になっていま
す。

つまり、自分という商材がどんな点で役立ち、それは何故なのかを、わかりやす
くかつ要点をおさえて伝える必要があります。

そこで例えば次のような順番で話すとわかりやすく志望動機を伝えることができ
ます。

まずはこれまでのキャリアは何を軸に選んだのか、何を大切にしてきたのかを伝
えます。

なかには(筆者もそうなのですが)転職回数を重ねるなかで、会社の事情で意図
しない異動をしたり、様々な事情で職種を変えてこざるを得なかったという経験
をもつ方もいらっしゃることでしょう。

しかし、この時代に自ら思うところあって転職しようと考えるわけですから、環
境や他者による要因はひとまず置いておき、自分が大切にしてきたものはなんだ
ったのだろう、と考えてみます。
見えてきたらこれまでのキャリアに自分自身で軸を一本通してやります。


例えば私なら、これまでキャリアチェンジが多く、一見すると一貫性がないよう
にもみえますが、その全ての仕事のなかで、自分は人を活かす、ひとの能力を引
き出すということを軸に仕事をしてきました。

と、こんな感じです。


次にちゃんと面接をうける会社のウェブサイトやその会社の役員がどこかの講演
会ではなしているなら、そのページをよく読んでおきます。

その上で、

興味をもっている、力を発揮したい理由として、自分の軸とその会社の事業領域
と新しい取り組みなどがつながっていることを話します。


志望理由を話しながら、事前に情報を咀嚼しておき本番に臨む、という仕事のス
タンスもアピールしてしまうことがポイントになります。

テーマ:転職  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/05/08(土) 22:27:44|
  2. 転職活動
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:4
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

実はあさって

面接をひかえているので参考になりました。
なかなかうまく話せなくて”御社の経営理念をみて共感して”なんて言ってかなり質問攻めにあったこともありました。共感してます、だけではだめなんですね。
  1. 2010/05/09(日) 11:05:35 |
  2. URL |
  3. 転職中 #WkkhpWxQ
  4. [ 編集 ]

何を軸に、

というのを考えてみたのですが、なかなか難しいですね。
人といつも話したり、サポートしたりしているような仕事が好きなのですが、そんな感じでもいいのでしょうか?
でもエージェントの方に、何をやりたいのか考えてみてください、と言われてなかなか答えが出なくて困っていたので、参考になりました。
もう少し考えてみたいと思います。
  1. 2010/05/09(日) 11:09:49 |
  2. URL |
  3. fumi #lE84S8G6
  4. [ 編集 ]

Re: 何を軸に、

人と話したり、サポートしたりというのは全然問題ないと思いますよ。
それが、いまされている仕事とそんな風につながるのかを
伝えられればもっとよいと思います。
やりたいことを言ってください、と言われたというのはよく相談を受けます。
転職するならば、それくらい考えて当然ということなのかもしれませんが、
気にせずにこの機会に考えてみる、ということでよいと思いますよ。
がんばってくださいね。

> というのを考えてみたのですが、なかなか難しいですね。
> 人といつも話したり、サポートしたりしているような仕事が好きなのですが、そんな感じでもいいのでしょうか?
> でもエージェントの方に、何をやりたいのか考えてみてください、と言われてなかなか答えが出なくて困っていたので、参考になりました。
> もう少し考えてみたいと思います。
  1. 2010/05/09(日) 11:15:13 |
  2. URL |
  3. ブラックジャック #WkkhpWxQ
  4. [ 編集 ]

Re: 実はあさって

御社の経営理念に共感して、というのは私が面接の担当をしていた時に経験したことがあります。
抽象論だけだと空中戦になってしまって、結局応募者のことがわからなくなってしまいますからね。
経営理念に共感したのがウソでなければ、自分が仕事をしてきた上で大切にしてきたことを話し、その上でどの部分がどう共感したのかを話してはいかがでしょうか。
その会社の経営陣の社外講演などがWEB上に掲載されていれば、そういったものもよく読んでおくことをおすすめします。
どんな考え方で経営をしているのかを少しでもつかむことができるようになります。

> 面接をひかえているので参考になりました。
> なかなかうまく話せなくて”御社の経営理念をみて共感して”なんて言ってかなり質問攻めにあったこともありました。共感してます、だけではだめなんですね。
  1. 2010/05/09(日) 11:20:49 |
  2. URL |
  3. ブラックジャック #WkkhpWxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。