転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紹介会社のサイトはすぐ登録してはだめ!転職活動はじめの一歩が勝敗を分ける

転職活動

今回は以前Yahoo!知恵袋での相談に回答したものをご紹介します。
転職紹介のサイトを活用して転職を活用して転職活動を進めようされている方でした。
相談の趣旨を簡単に書くと、

-転職サイト利用しているだが、応募企業も決まっていない段階で、
-応募企業への志望動機、という欄があるのだがどうしたらよいか。
-転職理由などとも書かれていますが、応募企業先への転職理由を書けばよいのか。
-写真登録のか?自分で撮った写真でいいのか?それとも写真館などへ行って写真を撮り、そのデータを載せた方がいいか?

というものでした。
この質問はこれから転職活動を始めようとする方々にとっては共通するもののように思われますので、
それに対する私の回答をそのまま記載します。
しかし、この回答では答えきれなかったポイントがあります。

それは、紹介会社のサイトに転職活動間もない人がすぐに登録してはいけない!ということです。

その理由は最後に書きますね。

~ここから
WEBサイトに登録する時には、どんな軸で仕事をしたいのか、という職種や方向性を軸にした動機を志望動機欄に書けばいいですよ。
転職理由は現在の企業から出る理由と、新しい会社に移ろうと思った動機の二つを織り込んだ説明にすれば大丈夫です。
応募する企業が確定する段階までにしっかり精査するということでもよいかと思います。
写真はできればデジタルデータで、写真やさんで撮影できるのであればそのほうがよいと思います。
しかし職種によっては写真はあまり関係しない職種も多くあります。
業界も職種もばらばらな場合は上記のような対応をしておけばよいと思います。

~ここまで


これから転職活動をすすめようとされている方は参考にして頂ければと思います。
前述した紹介会社サイトにすぐ登録してはいけない、という理由について少し書きたいと思います。

紹介会社は上のご相談でもわかるように、応募する側に対しては無料サービスを提供しているという
立ち位置から、ユーザビリティというよりも、自分たちがいかに効率的に応募者を企業に送りこめるか、
という視点にたっています。
サイトにまだ応募すら検討していない企業への志望動機を書かせたり、面談はどんなに遠くても会社
まで来い、と言ってみたり。
当たり前のように思って活動をされている方もいらっしゃるかと思いますが、わざわざ出向いたのに、
「いやあ、やっぱり案件はなさそうですね。また情報ありましたらご連絡します」
私自身こんな目にあったのは1度や2度ではありません。

そんなスタンスですから、サイトに入力された情報は、採用率をアップさせる添削もドバイスもなく、
企業に横流しするのが彼らのやり方です。

ダメな書類を出してバツがつくと、書類を修正しても二度とその企業には応募できません。
出したとしても、ああ、また出してきたな、とはじかれて終わってしまいます。

みなさんはご存じかどうかわかりませんが、紹介会社は紹介した応募者が採用されると、
企業から初年度年俸の18~30%以上を紹介料を受け取ります。
これを考えると、サービス提供のスタンスにはどうしても首をかしげてしまいます。

こんな状態であれば、よく考えてみる必要があります。

せっかくの大切な時間を使う転職活動ですから、まずは多少なりともアドバイスをしてくれるエージェント
とあって、志望動機転職理由の話し方、書き方をブラッシュアップしたうえで、
大手エージェントを案件情報を活用したほうが転職戦略としてはうまくいきます。

転職活動をはじめるときは、大手エージェントから使うのはダメ!
これが今日のポイントです。










テーマ:転職  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/05/08(土) 09:11:05|
  2. 転職活動
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:2
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

エン・ジャパンの転職サイト

エン・ジャパンは、転職情報サイトであってエージェントを使って紹介してもらうところでないと思いますが、違いますか?、調べてから記事を書かれてますか?
エージェントを使わずに、掲載されている企業求人に対して、自分から応募してアプローチしていくサイトではないでしょうか。

だから、話の流れが全然合いません。

しかも、現状の不景気状態では、エージェント会社に入って来る求人の数も少なくなっています。紹介料が高いエージェントを使うより、求人情報だけを載せるだけで、多くの応募者が得られる方に流れています。

当然、エージェントを使う紹介会社側の応募者も多くなっていますから、エージェント側も応募者の絞り込みを行っていますから、小さかろうと大きかろうと、そんなに変わらなくなっていると思います。どちらかというと、より求人数を抱えることが出来る大手のエージェントの方がアドバイス時間をとってじっくり向き合ってくれるかも知れません。それは、応募者の年齢、経歴により対応が変わって来るでしょう。この不景気では。

如何でしょうか?
  1. 2010/05/08(土) 18:05:34 |
  2. URL |
  3. みの #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

エンジャパンについてはメールベースであるものの、転職サポートと称して、交渉代行もしていますが、サポートつきの転職サイトを利用している例として、誤解を生む例だったかもしれませんので、記事を訂正させて頂きます。
ご指摘ありがとうございます。

>エージェント会社に入って来る求人の数も少なくなっています。
>紹介料が高いエージェントを使うより、求人情報だけを載せるだけで、多くの応募者が得られる方に流れています。
このご指摘については必ずしもそうは言い切ないと考えております。
確かに直接応募の件数は増えていますが、応募者を増やすことだけを企業がエージェントを使う理由にしているわけではないからです。
また、大手の方が丁寧だというご推測ですが、これは私も含めて転職を目指している人たちの意見を継続的に聞きながら書いております。
そういう見方になることもあろうかと思いますが、あくまで利用側からみた視点ということで書かせて頂いております。
ご指摘、貴重なご意見頂きましてありがとうございました。

  1. 2010/05/08(土) 19:02:17 |
  2. URL |
  3. ブラックジャック #WkkhpWxQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。