転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内定後に潜む大失敗の落とし穴とは

eyes07978888.jpg

社内改革を期待され、やる気十分で転職した入社1ヶ月目。

必ず直面するのが抵抗勢力の存在。
改革に抵抗はつきものです。

とはいえ、わーわーと反対意見を唱えるだけが抵抗勢力ではありません。

改革の目的や方向性に内心で疑問や反感を抱き、積極的に改革に臨むことを避ける「面従腹背」派こそが実はもっとも大きく周囲に悪影響を及ぼし、改革を骨抜きにする原因となります。  
こうした抵抗勢力と闘うには経営トップの強いリーダーシップ発揮が必要となります。

改革ビジョンを掲げ、必要とあれば人事権を使って抵抗勢力を排除することも求められます。
ただ、それだけではすべての抵抗を無くすことはできないのが実際です。現場で改革を推進するミドルリーダーが抵抗勢力の巻き込むように動きをとらなければならないのです。

これがチームマネジメントを行う上で必要なスキルのひとつで、実はかくいう私が現場でもっとも苦い経験をもっている分野です。

なぜあいつらはうごかないんだ、とか、うごかないやつらは放っておけばいい、一見熱いリーダーだったり、クール(かっこいい)リーダーに見えますが、そんな独善に陥って現場改革を強引に推し進めようとしました。

その結果1年目はなんとか成果を出せたものの、人心は徐々にはなれ、反発されたり、陰口やら足をひっぱられるやら2年目以降は成果へ向けた体制をつくることすら難しく、自分だけでなく周囲のモチベーションまで下げる結果になってしまったことがあります。  

成果には再現性が求められますので、その点ではマネジメント失敗といえる結果だったと思います。

なぜ抵抗するのか。リーダーはその視点を忘れず、現場とのコミュニケーションの中で「できない理由」をつぶしていくことが求められます。

巻き込むべき抵抗勢力の力関係を分析。
どこまで納得してもらえばことが動くのかを正確に把握し、
その上で改革の本質をかみくだいて伝え、過去の成功体験に縛られた意識を解きほぐします。

変化への不安を吐き出させていくことが重要なポイントとなります。

テーマ:転職  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/04/22(木) 23:20:23|
  2. 入社後
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。