転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2分でわかる!転職のパラダイムシフトとは?

新しいゲームの名前じゃありません。
ひとことでいうと固定観念ということです。
これが変えられないばかりにコミュニケーションにギャップが起きたり、思いもかけない結果が起きたりします。

以前いた教育関連の会社で実際にあった話なんですが、ある校舎で毎年のように売り上げが順調に伸びていき、旗艦校舎といわれまでになりました。

当然のことながら経営陣は、数字があがる→売れる仕組みがある→スタッフのモチベーションがあがっている→組織としてうまくいっている→教室長のマネジメント能力が高い、と教科書どおりの評価をしていました。

しかし、ある時期からスタッフの退職が急速にふえはじめ、異動希望、不平不満、またスタッフどうしが足のひっぱりあいをするようになりました。
結局数年のうちにその教室長は降格となりとばされてしまいました。

当時はリーダーシップがないとかマネジメントができないといわれたりしていましたが、抽象論や各論ばかりで体系だてて説明できたひとは多くありませんでした。

では何が起きていたのか。

実はこの教室長は、時代が少子化という環境変化のなかで減少した見込み客に対する、売るための仕組み作りをすることはまったくありませんでした。

まだ子供がたくさんいて、売るのが簡単だった時代に正解と考えられていた、スタッフにひたすらノルマを課すことが集客、ということをやり続けていました。

固定観念をかえられず、その結果起きているスタッフが心身共に疲弊しているという現象がなぜ起きているのか理解できなかったことが上記のような状況を引き起こしてしまった大きな要因だと思われます。

上記例のように、企業をとりまく環境変化はとてもはやいスピードで起きつづけており、今後そのスピードは減速することがありません。

特に転職回数が多い場合は、環境変化を先取りして素早く考え方の転換=パラダイムシフトをはかることがビジネスのなかでは常に必要とされているのではないかと考えています。

テーマ:がんばるあなたを応援します!  - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/04/08(木) 23:32:04|
  2. キャリアアップ
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。