転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

38歳再始動!果たして転職回数が多くても転職できるか?②

釣りメールに気をつけろ!

限られた時間の中で、最も大切なポイントは早くまともなエージェントに出会うこと、です。
しかし、転職エージェントには釣りメールによって無駄な時間を使わせられることがあります。
さも案件があるようにして期待して会いにいくと、実は案件なんてまるでない、ということです。
この時によく送られてくるのは釣りメール(と、勝手に名づけてみました)です。

内容はこうです。

弊社は様々な会社にリレーションをもつ転職ファームです。
ご紹介できそうな案件が多数ございますので、ぜひ一度面談を・・・

というメールが来ます。
しかし、このメールは転職希望者の職務経歴書をちゃんと見たわけではなく、転職エージェントにいる若手が適当な候補者にメールを送り、釣れた、候補者に対して空いてるエージェントを担当として割り振るわけです。

したがって、”ご紹介できそうな”案件なんてあるはずもなく、会って話せばなんかあるだろ、的な面談がセットされます。
そして”よくお話をおうかがいすると現時点では難しいかもしれませんね”なんて言ってくるわけです。
転職エージェントの会社までわざわざ交通費と時間を使って会いに行くのに、エージェント側の準備は何もされておらず、エージェントとしてはただ待っていればいいわけですから、こんなに失礼な話しはありません。

よく転職大手のJACや中堅どころのネオキャリアなんかはこの手で面談に持ち込みます。
そして志望とはあまり関係のない外資系の営業職なんかの案件を押し付けてきます。

インテリジェンス卒業生が立ち上げた中堅どころの転職エージェントも似たような手を使ってきます。
20代の若手の転職ではないのですから、こうしたメールが来たときは、本当に案件があるか?と返信してみるとよいでしょう。

Cさんはアドバイスにしたがって4社に、案件があるか?という返信をしたところ、本当に具体的な案件を知らせてきたのは1社だけだったそうです。

さて、Cさんはこんな釣りメールをかわしつつ、何件かのエージェントとアポをとりました。

しかし、そこで出会ったヘッドハンター(?)との遭遇に唖然としてしまったのでした。

(続く)



eyes0780.jpg





テーマ:転職活動  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2011/12/27(火) 23:27:00|
  2. 転職活動
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。