転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな紹介会社じゃ転職には使えない??

世の中の景気は日銀の景気指標とは無関係にどんどん落ちてきているのかもしれません。
しかしそんな時でも転職すべきときは転職に向けて頑張っていきましょう。
さて、今回はいまどき珍しいシステムマッチングの紹介をするエージェントです。

ワークポートという紹介エージェントです。
IT業界を中心に紹介しているようですが、専用の管理画面を提供して、そこに紹介案件をいれこんできます。
この紹介エージェント転職希望者にとってやる気のある会社とは言えません。

なぜなら最初の1,2回は担当エージェントが案件を紹介してきます。
しかし、その後は抽出条件にあった案件情報をひたすら流してきます。
例えばこんな感じ。


◯◯様
担当コンサルタント:◯◯


◯◯(管理画面の名前)の
「◯◯様にオススメの求人情報一覧」に新しい求人情報が
追加されました。


■1 株式会社◯◯/◯◯サービス プロジェクトマネージャー


求人情報の詳細は、◯◯(管理画面の名前)でご確認下さい。

ご不明点がございましたら、担当コンサルタントまでお問い合わせください。


営業職、といったら営業職をひたすら流してきます。
面談の際に、こんな会社はいまいちであんまりいきたくない、なんていっても抽出軸にないようなコメントならば、システム上の機械的なマッチングですから全くおかまいなし。
バンバン流してきて、希望があれば管理画面の、応募するボタンを押してください、というわけです。

したがってこのエージェント面談したことに意味がありませんし、自分にあった案件を探すという軸では到底使えるエージェントではありません。
せいぜい情報を収集するために利用していく、という使い方がよいと思います。

むしろワークポート社は、いくつかのエージェントと提携しており、自社の情報をそうしたエージェント経由で提供しています。ということは、ワークポート社をあえて使わずとも真面目にコンサルティングしてくれるエージェントを探してしまえば、この会社でないと出会えない案件はなく、あえて利用する意味はないと思います。

利用するならば、これまでの経験を活かす、ということではなく、これから経験を積んでいきたいという20代の転職であれば情報収集に使えると思います。

提供される案件情報は他社の案件情報より比較的詳しく、これまでの応募者の合否状況なども教えてくれますので、比較的良質です。
エージェントの質は高くても低くても、あくまでシステムマッチング、ということですので事務職であればたとえどんな会社でも行きたい、とか営業職なら別にどこでもいい、というわかりやすい転職希望であれば対応が可能です。しかしそんな選び方では後悔のない転職ができる可能性は極めて低いと思われます。

30代の転職や転職回数が多い場合は自分の経験や希望が複雑になってくることが多くなります。こうなるともはやシステムマッチングの機械的なエージェントを使ってはいけません。

しっかりと意向を汲んで紹介をしてくれるエージェントとつきあっていくことがポイントです。

HE008_72A_convert_20100911153242.jpg

テーマ:転職活動  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2011/07/10(日) 11:56:23|
  2. 転職サイト・転職会社レビュー
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。