転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

転職回数?書類の書き方?いえいえ失敗する理由はこれなんです

募集人材の状況は?ということでよく質問を頂くことがあります。
現在の状況は求人数としては減っていないが、いわゆるキツイ仕事が多くなってきているような印象をうけます。
残業関係なく働く営業職とか、誰がそんなことをできるんだよ?とつっこみをいれたくなるような事業企画持ち込み型の転職です。
中には事業アイディアだけをとるために面接を設定する会社がありますので、注意して受ける必要があります。

さて、今日は失敗理由がちゃんと分析できていないと小手先の転職テクニックだけでは見抜かれてしまい、結局受からないという状況を繰り返すことになります。

受からない人には根本的な部分で原因、理由があります。


給料をあげたいので、そのための転職理由はどう書けばいいでしょうか?

例えば、このようなご相談を頂くことがあります。
このような角度から考えるクセを持っている方はいつまでたっても給与があがることはありません。
何故でしょうか?
では逆に質問ですが、自分が給料を多くあげたい、採用したい人はどんな人でしょうか?

しっかりした経歴で、活躍してくれそうな人!

答えてみれば簡単なことではあるのですが、だとすれば転職理由給料アップをアピールしたからと
いって、あ、ではこの人には給料を多くあげようと考えることはありません。

給料をアップできる人とそうでない人の決定的な違いは、相手の視点に立って結果につながる考え方
ができるかどうか
です。

あくまで、給料はもらうもの、というサラリーマン的発想で臨むと転職は必ず失敗します。


夜間大学でMBAを取得したら転職に有利になるでしょうか?

これは残念ながら全く逆です。
MBAで評価されるのは海外のごく少数の大学です。MBAはどちらかと言えばどこでとったのかが重要になります。
しかもずいぶん前からMBAは使えない、という言われ方をして久しくなります。
学問の知識を振りかざしたくなるわりには、実践的なスキルがない、という見方で敬遠されることもあります。
とはいえ、自己啓発で勉強に取り組んだことは立派なことであるとは思います。
就職でアピールに使うのではなく、入社後の実践の中で、結果を出すために使っていく、というのが有効な使い方ではないかと思われます。


上場企業でのキャリアを活かしていきたいのですが、上場企業にいたことは有利に働くでしょうか?

上場企業にいたから何ができるのでしょうか?
まずはこの質問に答えないと、名札という意味で有利になることはないか、あってもかなり企業のスコープが絞られてしまうことでしょう。
要するにそれはあなたのどんな強みになっているのですか?
会社の看板など、キャリアアップを目指す中では入り口最初の看板でしかないのです。
このことをしっかりと頭にいれて転職活動をしていくべきではないでしょうか。

DZ158_2.jpg



テーマ:転職活動  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2011/05/21(土) 15:59:41|
  2. 職務経歴書
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。