転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

職務経歴書をきっちり書けば書くほどキャリアアップできなくなる? 3/4

0094_li.jpg

じゃあ職務経歴書のどこに気をつけたらいいのか?

「ではどう書けばいいのか、ということですが、キャリアがほぼ同じ職種である場合と、複数の職種をご経験されている場合では注意するポイントが少し違います。また一般の事業会社とコンサルティング業を生業にしている会社に出す場合でも少し気をつけるべきポイントが異なります。」

「私はほぼ同じ職種で、一般の事業会社というわけですね」

「はい。そして今回はキャリアアップをねらっているわけですから、一般スタッフとして応募された前回までとは言葉の使い方も異なります。」

「言葉の使い方、もですか?」

「そうですね。まず具体的にどうやって?というところからお話ししましょう」


「ひとつの例としてお話すると、達成した定量的指標をいくつか書き、それは自分がどんな解決力を持ってできたのか、ということを書くやり方があります。」

営業部新規開拓チームリーダーとして、売上目標120パーセントを達成
  チームリーダーとして、アポイント専門部隊を組織し、、、、、、、、

というような書き方です。


ノウハウや具体的な解決力を書くことで、採用する側が自社で活躍するイメージを持つこともできるでしょうし、こんなこともやってくれるかもしれない、と期待を持ってもらうことも可能となります。

ここでのポイントは、
再現性のある能力、ノウハウか、特殊な状況下にあった場合なら実行内容についての考え方がわかるように書くことです。

それが会ってみたいと思わせるキーになるからです。

そして、次は狙うポジションによる言葉の使い方です。
正しくは、おなじことを結果的にやったとしても視点や視座の高さは
ポジションによって違う、ということです。

もし若手の社員ならば、創意工夫や仲間との連携というキーフレーズが大切になります。
しかし中堅クラスならば、組織を牽引する力やチームリーダーとしてメンバーの力を引き出す能力が求められます。
さらに難易度の高いポジションならば、先を読む力や、そもそも市場自体を創り出す力、戦略策定能力が求められることもあります。

その時は、
独自にCRM戦略を策定し、実行
と、あくまで例ですが、自分の能力アピールするために、このようなタイトルをつけて、力を発揮したこと、取り組んだ内容をこの下に書きます。

取り組んだことがたくさんある場合は、全てを書かずに、一つか二つに絞り込んで記載したうえで、上記のような説明をつけてもよいと思います。

こうして完成させた職務経歴書は、最初の足切りをクリアさせ、面接のチャンスをつかみとるために役立ってくれることでしょう。

テーマ:転職活動  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/08/28(土) 23:37:57|
  2. 転職活動
  3.  | コメント:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。