転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

30代1,000万プレーヤーを目指すなら社内出世は諦めなさい 2/3

eyes0771000.jpg

2つ目は、目指すべき企業への橋渡し役をになってくれる人とつながることです。
これは知り合いや友人など個人的ネットワークがあればそれに越したことはありませんが、普通は転職エージェント、ということになろうか
と思います。

先日も知り合いが「リクルートエージェントに登録したよ」ということを話してきたので、
「目指す業界や企業や職種によって使うべきエージェントは違うことがあるからよく選んだほうがいいよ」
とアドバイスしたところ、
「ふーん。でもまあせっかく登録したんだから、俺はそのまま使うよ」
選択は個々の自由ですからそれ以上コメントすることは控えました。

転職回数をあまり経験しておらず、人に教えを乞うことが得意ではないと、せっかくの情報を得る機会も見す見す逃してしまいます。

キャリアアップという明確な目標を置くならば、耳をダンボのようにして情報に対する感度をあげておいたほうがいいかもしれません。
このクラスで転職エージェントを選択するポイントは案件の数ではありません。
質をよーくみておく必要があります。

転職エージェントは紹介した案件に対して応募してくれなかったり、受かっても辞退されると、だんだん情報提供してこなくなります。
受けさせた案件は合格してほしいし、入社してほしい。商売ですから当たり前のこととはいえ、紹介された案件案件の全てであると勘違いし、腑に落ちない感たっぷりのまま次のキャリアを決めるのは時間の無駄以外のなにものでもありません。

例えば上のケースですが、転職エージェントは必ずしもオールラウンドではありません。
特定の業界に強いエージェントが多数在籍していたり、年収800万円以上をメインターゲットとして紹介するところもあります。
最近では業界自体が苦しい時期を迎えているため、エグゼクティブクラスのみ紹介するエージェントは大分減っていますが、それでも経営層と直接コネクションがあったり、採用面で全面的にアドバイスを行う企業も存在します。
転職業界自体がずいぶん縮小してしまいましたが、時間と手間を惜しまず橋渡し役をさがす努力が必要といえます。

そして3つ目のポイントは勝敗を分ける最大の難関となるポイントです。

テーマ:転職活動  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/08/06(金) 21:00:00|
  2. キャリアアップ
  3.  | コメント:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。