転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あなたが管理職として気をつけていることはありますか?

2010-06-01.jpg
めでたく内定をもらえたら、今度は新しい会社でしっかりと存在感をもっていくと仕事がやりやすくなります。

今回はスキルアップキャリアアップの両方につながるスキルをご紹介します。

転職成功は入社した後の絵を考えながらすすめていくことが近道になります。

また、転職後だけではなく今のうちからトライして、

「管理職として何か気をつけていることはありますか?」

なんて質問にも、実感を持って答えられるようにするためにも、おすすめするスキルがあります。

ファシリテーションという技法です。

よく会議の単なる司会と勘違いしている方がいて思わず失笑してしまうことがあります。

これは簡単にいうと会議などで考え方をうまく引き出しながら短時間で納得性の高い合意形成に持ち込むことであり、

あるいはリーダーシップの考え方として理解することもできます。

大切なことは、メンバーの考えをうまくひきだし、合意形成をはかりながら前にすすめていくという考え方をよく理解して実践することです。

よくありがちな「おれがただしいんだから言われた通りやれ、とかみんなの好きなようにやりましょうね」というリーダーシップのとりかたのとは全く異なる考え方です。

それって、ちょっとうまい司会のこと?なんて印象をもつかもしれません。

前にいたメガバンク系の会社では頭でっかちの上司がそんなことを言ってたりして笑ってしまったこともありました。

司会はうまく笑いをとったりもりあげたり。。

もちろんこの要素も必要なんですが、両輪の一方となるのが、かならず決める、結論を出すこと、そのために会議のなかで意思決定のための要件をそろえることが要素となります。

あの会議、さっぱりなにしてんだかわかんない。

無駄だよね、時間が。

みたいなことはファシリテーションをやる人がゴールと論点設定、時間のマネジメントをして解消します。

会議意思決定をすることを目的にするため、アクションまでのスピードがはやくなり、会議の回数がへり、時間も短縮するわけです。

ファシリテーションを実践すれば企業の生産性はその分向上していくことになります。

閉塞感のある組織を変えようとするときは、組織体制をいじるまえにまずここから着手することが重要になります。

ただこのファシリテーション、担当するひとのスキルレベルでアウトプットのレベルもかわるので、考え方、スキルをしっかり身につけないとなかなか教科書通りにはいかないんですね。

ぜひ挑戦して、面接時の中身もしっかりと話せるようにし、スキルアップキャリアアップの両方を実現していきましょう。

テーマ:転職  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/06/05(土) 21:27:12|
  2. 入社後
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。