転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早期退職後の再就職先エージェントは使える?

人材紹介会社でよくあるのが、何らかの理由で早期退職した人がセカンドキャリア先として就職している会社です。
自分がいた会社の案件を、昔の人間関係つながりで紹介してインセンティブを得るというスタイルで紹介の仕事をやっています。
こういう会社はこの昔の人間関係つながり以外の案件は、リクルートエージェントの案件情報とそれほど変わらず、単純に紹介するだけですから、案件によって使いわける必要があります。

そうした会社のひとつにグローバルリサーチという会社があります。
この会社は40代以上でも1000万以上を実現!というのをキャッチコピーのひとつにつかっています。

実態としては、通年採用しているIT系の営業職などを紹介するわけですが、通年採用している仕事というのは、
逆にいうと通年を通じて一定数は退職していることになるわけですから、残りのキャリアの燃え尽き先を探している場合はこのエージェントを使えばいい、ということになります。

ステップとして、一本釣り案件を準備し、面談。初回でその案件を提示し応募を促す。特段キャリアアピールなどは聞かないスタイルのため、話しの展開としては、自分が営業職なのか、事務職なのか、総務なのか、という分類をわかりやすいように伝えないといけないような面談が続き、はまりそうなら即応募、もし彼らの手持ちの案件に該当するものがなさそうであれば、比較的短い時間で終了、という流れです。

自分自身のキャリアをあと数年生き延びられればいい、と考えるか、次のキャリアや将来にわたるキャリアビジョンを考えるか、でこのエージェントを使うかどうかを考えたほうがよいと思います。

ちなみにこの会社のエージェントはいわゆるサラリーマン出身がほとんどであるせいか、外資系、ベンチャー企業、コンサルティングファームなどのいわゆるサラリーマンとはちょっと違うキャリアを持った応募者のキャリアに対する考え方、経歴の意味などについては極めて理解に乏しく、事務職、とか営業職、とか求人票に書きやすいタイプの経験者でないと話しがあわない、等ということもしばしば起きます。

また、比較的優良企業出身者が多いためか、比較的プライドが高いと受け取られるような話し方をするエージェントが多く、応募する側としては気分を害してしまうこともあるかもしれませんが、単純な情報入手先と割りきってしまえばよいと思います。

リストラされる前の60歳までの燃え尽き先、こうした案件を探すなら適、そうでなければあえてこのエージェントを使う理由はないといえるでしょう。

eyes0777.jpg


スポンサーサイト
関連記事

テーマ:転職活動  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2011/07/31(日) 12:05:10|
  2. 転職サイト・転職会社レビュー
 次のページ >>

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。