転職、転職活動、就職活動、転職回数が多い、リストラ、履歴書、職務経歴書、キャリアアップ、紹介会社の使い方。転職回数6回9社の筆者がアドバイス。ひと味違う転職成功専門ブログ。
転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

就職氷河期のはずが、人材不足で四苦八苦する企業の採用事情

808_li.jpg
筆記試験なしの入学が約4割! 多様化進む大学入試

ネットのニュースです。

ずいぶん前から懸念されてきたことがほぼ現実になってきてきました。

私立大学は経営上の理由で、受験資格の安売りを始め、入りやすくすることを目的とした入試制度の改定など、いまや大バーゲン状態です。

偏差値でみても、かつては60以上ないとはいれなかった大学がいまや50を切る実力でも入れてしまうなど、もはや名門とは名前ばかり。


それでも早稲田、慶応、明治、中央、青山学院など、いくつかの大学は就職試験になると、あくまで相対的な比較優位としてのブランドは役に立ちます。

しかし今、この学歴優位の社会に異変が起こり続けています。
リーマンショック後の不況で転職が難しいといわれるようになった状況のなかで、こうした名門大学出身の若手が続々と会社をやめている、というのです。


一部の業界を除き、ほとんどは学歴の関係ない実力で勝負する世界です。
早稲田は早稲田なりのイメージで潜在能力を、明治は明治なりのイメージで潜在能力を求められてきます。

しかし、この記事のような入試や、入学者確保のための倍率低下により、学生はかつての受験地獄のような修羅場や、多くの制約条件のもとで事態を切り抜けるという経験をしづらい環境にあります。

また、解決しなければならない問題の本質は何かと自ら考えるよりも先に、解決の方法をほしがる、という思考のクセがついてしまっている若い人が増えている、と言われています。

多くの子供が塾や予備校などに小さい頃から通って、サポートを受け続けることも原因のひとつとして挙げられるかもしれません。


ところが就職後は長期に渡り、自らの力で問題の本質を見抜き、解決方法を見いだしていくことを求められます。
誰も解決のポイントを教えてくれることはありません。


なぜこんなに優秀なボクを評価しないのか?
と本人は感じ、

あいつ、自己愛は強いけど、言ってもわからないんだろうなあ。
と周りは思いつつ、気を遣う。


本末転倒なようですが、これが多くの受け入れ企業で起きているシーンのひとつです。

そんな中、私の知っている企業の経営者の何人かに話を聞くと、就職氷河期と言われながら実は人材不足で苦しみ、職種転換や、キャリア採用などの転職組を多く採用せざるを得ない状況を抱えているというのです。

これは若手の周りがイメージとして持っている潜在能力と実力との間にギャップが生まれているという
現状に企業が、具体的な解決策を見いだせていないことから起こっています。


こうした状況に耐えられなくなった若手が、居心地のいい場所を求めて職を転々としたり、啓発セミナーに参加したり、また解決方法を教授してくれるような売れっ子女性経済評論家の本を買いあさったりします。


HOWTOをもとめるだけではなく、そこに至るプロセスや問題の本質を自ら考える。


若手の優秀な人材が不足していると言われる問題を解決するヒントがそこにあるように思います。



スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援  - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/04/29(木) 09:55:38|
  2. ニュース・テレビ
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
 次のページ >>

プロフィール

芝野 健夫

Author:芝野 健夫
これまで個人的に100名以上の転職をサポート、転職本や転職ビジネス経験者の”お作法をなぞる支援”ではなく、自らが経験した修羅場の経験、成功体験をもとにしたアドバイスを実践しています。
転職人材紹介会社では教えてくれない転職成功の秘訣をお伝えできればと思います。

カテゴリ

転職をはじめる前に (10)
転職活動 (86)
キャリアアップ (27)
入社後 (10)
転職支援レポート (13)
転職サイト・転職会社レビュー (10)
ニュース・テレビ (5)
職務経歴書 (26)

最新記事

転職回数なんて関係ない!キャリアアップ成功の秘訣


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。